ボヘミアンガーネットの歴史。チェコの土地に受け継がれるアクセサリー

BOHEMIAN GARNET History

時を超えて愛される「BOHEMIAN GARNET」

時を超えて愛される「BOHEMIAN GARNET」

種類の多いガーネットの中で、最も良質とされているのはチェコ、ボヘミア地方でのみとれ、特にボヘミアンガーネットと呼ばれています。ボヘミアンガーネットは透明度に優れ、澄んだワインレッドの輝きが、人の心を魅きつけてやみません。

ボヘミアンガーネットは、産出量が限られているため、品質、細工と共に近年その稀少価値が世界的にますます評価されるようになりました。
ローマ時代には十字軍の護符として身につけられ、又、王家の冠を飾ってきたボヘミアンガーネットは、装い新たに現代によみがえってきたのです。

「ボヘミアンガーネットは、私達の愛と誇りの象徴です」とヨーロッパの婦人達はほほえみと共に、長い歴史を生き抜いてきた自信をのぞかせます。ボヘミアンガーネットのアクセサリーは代々祖母から娘へと大切に伝承されてゆくのです。

ボヘミアンガーネットの故郷

ボヘミアンガーネットの故郷

チェコ西部のプラハを含むボヘミア地方は、ヨーロッパの地理的中心地として、常に歴史的に重要な役割を果たしてきました。
ボヘミアンガーネットは16世紀より産出され、17世紀には、ルドルフ2世の保護を受け、美しいボヘミアン・カットや石を爪だけで止める高度な技術が完成されたのです。この繊細な手細工に宝飾品は、今もなおボヘミア地方で継承されています。

ボヘミアンガーネットのカット技術

ボヘミアンガーネットのカット技術

チェコの特産品として有名なクリスタルグラスの精緻な彫刻技術は、ボヘミアンガーネット宝飾品の職人キャスパー・レーマン(1570〜1622年)によって完成されました。ボヘミアンガーネットのカット技術が、クリスタルグラスの技術を生んだのです。

古いものほど貴重

古いものほど貴重

ギルド加工(900の銀台に特殊な4ミクロンの金仕上げ)のために長年使いこんだガーネットは、表面の金の光沢が薄れ銀台の光沢が浮きでてきます。そのためにガーネットの石が光り輝き、燃える瞳のように輝いてきます。現在世界中で古いガーネットは、アンティーク商品として長く使いこんだもの程重宝がられています。

page top